日記のようなもの

マックイーン

日記のようなもの

久しぶりに映画館をはしごした。 年に1回くらいはそんな日をもつ。 「マックイーン モードの反逆児」は洋服のデザイナー、アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー映画. ロンドンの労働者階級の青年は、いかにして無一文からトップデザイナーに駆け上がったのか? 23歳の時に失業保険で生地を買って服をつ…

2019年4月12日by rolca_story_admin

岡山大学短歌会

日記のようなもの

以前にこのブログで紹介したように、最近短歌にはまっています。 短歌の世界は深くって、知れば知るほどやみつきになりそうです。 僕に短歌を教えてくれたのが、岡山大学の学生さんで、彼らの活動の場が岡山大学短歌会というサークル。 このサークル今年の学生短歌全国大会で準優勝しているというツワモノぞろい。 因み…

2019年4月6日by rolca_story_admin

短歌

日記のようなもの

森の8カテンも春の陽気が差し込んできています。 今年に入って出会ったある大学生から薦められたのが短歌。 5 7 5 7 7 の短歌です。 短歌というと高尚な難しいイメージがあったのですが、今の短歌はかなり自由で面白いことになっています。 俵万智さんがサラダ記念日で社会現象を起こしたのが30年以上前。…

2019年3月15日by rolca_story_admin

流転の海シリーズ

日記のようなもの

昨年のことなのだけれど、宮本輝著の小説「流転の海」9部作シリーズが堂々の完結となった。 第1部の「流転の海」から始まって第9部「野の春」まで37年かかっての完結。 最初は3部作で終わる予定だったのが、書いていくうちにどんどんと長くなり結局ここまでかかったそう。 まるでスターウォーズみたい。 熊吾と伸…

2019年3月1日by rolca_story_admin