このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウール」と「毛」衣類表示の違いをご存じですか?

「ウール」と「毛」衣類表示の違いをご存じですか

衣類表示にある「ウール」と「毛」表示の違いをご存じでしょうか?毛素材は、ウールの他にもいろいろあるんです。それぞれの違いや特徴を知っていると、お洋服選びの幅が広がります。

広く使用されているウール素材

毛素材のお洋服というと、真っ先に思い浮かぶのがウール素材ではないでしょうか?ウールは毛質の違いから、普段使いから高級ブランドに使われるものまで、幅広く使用されています。

ウールマークにもいろいろあるのをご存じですか?

良質なウールであることの証「ウールマーク」、実は3タイプあります。新毛100%のウールマーク、新毛の混率が50%以上のウールマークブレンド、新毛30~50%混率のウールブレンドと、それぞれに品質が違います。

ウールマークが付いていることで、再生羊毛ではなく、新しい羊毛を使っている素材であることを表しています。

「ウール」と「毛」表示に見られる違いとは?

衣類表示で「ウール」と表示されている場合は、羊毛を指します。では「毛」と表示されているときは、何を指すのでしょうか?

「毛」と言うのは、羊毛を含むカシミアやアルパカ、アンゴラなどの動物の毛全般を表しています。つまり、表示をすることで化学繊維との区別をしているのです。

例えば、毛100%の表示があれば、アクリルなどの化学繊維ではなく、何かしらの毛素材で作られているということを表しています。

もちろん化学繊維と毛がミックスされたお洋服もありますので、衣類表示で混合の比率などを見てみると、お洋服選びの一つの目安として役立つことでしょう。ここで少し、いろいろな毛素材の特徴をご紹介いたします。

繊維の宝石カシミヤ

カシミアヤギ1頭から、わずか150~200gしか取れない貴重な毛を原料とすることから「繊維の宝石」とも呼ばれる高級素材。

毛足が細くて長いカシミアヤギの毛から作られるカシミアは、まるでぬめるような滑らかさとやわらかさで保温力も抜群です。とても軽い素材ですので、厚手のコートでも軽い着心地でストレスがありません。

ウールよりも保温性が高いアルパカ

アルパカは、毛質が少し羊毛にも似ているのですが、アルパカというラクダ科の動物の毛から作られた素材です。毛質はとても滑らかで、毛の種類によっては、フワフワ・モコモコ感のある素材も。

ウールよりも暖かく、丈夫で肌ざわりも滑らかなバランスのよい素材です。カシミヤよりも太い毛質から、少し厚みのあるアウターにも使われています。

やわらかく上品な肌ざわりアンゴラ

見るからにフワフワと極上の肌ざわりが想像できそうな、アンゴラうさぎの毛から作られる素材は、ウールよりもやわらかく、保温性も高い高級素材です。

毛が少々抜けやすいというデメリットもありますが、毛質が軽く滑らかで、とにかく肌ざわりが上品な心地よさ。保温力も、ウールのおよそ3倍と言われています。

アンゴラうさぎと区別したいのがアンゴラ山羊。アンゴラ山羊の毛で作られた素材は、モヘヤと呼ばれ、質感に違いがありますので覚えておきましょう。

おしゃれに幅を持たせてくれる毛素材のお洋服

主に秋から冬に活躍する毛素材のお洋服。ウールだけではなく、いろいろな毛素材があることを知っていると、おしゃれの幅が広がります。

毛の種類によって風合いが大きく違いますので、お好みのお洋服を探す楽しみも増えることでしょう。

ロルカオンラインショップでは、ウールはもちろん、その他の毛素材のお洋服もお届けしております。選ぶ楽しさとともに、ぜひお気に入りの一枚を見つけてください。

ロルカオンラインショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-08-28  by rolca_blog press

関連する記事