このエントリーをはてなブックマークに追加

rolcaオーナー 家守大輔

profile_gazou

こんにちは、rolcaオーナーの家守(ヤモリ)大輔です。

1972年に倉敷市児島で生まれて、今もここに住んでいます。

簡単に自己紹介をさせてください。

自分でも多趣味な方だと思います。

 

学生時代には

 

小学校のころに熱中したのが、シャーロックホームズやルパン三世、そして明智小五郎と少年探偵団に怪人二十面相などの、探偵怪盗もの小説。

当時のヒーローはシャーロックホームズでした。

と、なればもちろん「将来の夢は探偵」と思いきや

小説家になりたいと、

そっちかい。

中学、高校ではロックバンドに夢中になり友人たちとバンドを組んでギターを弾いていました。当時は空前のバンドブーム。

大学に入ったら東京でバンドがやりたい、との想いを胸に上京すると同時にバンドブームも終息を迎えます。

そこで、なんのためらいもなくギターを捨てて、次のブームとなっていたクラブDJに熱中。

夜な夜なレコードを回していました。

それと同時に大学時代の3年間、イタリア料理店の厨房でアルバイト。

徐々に料理も作らせてもらえるようになると、イタリア料理の魅力にも夢中になります。

音楽と料理づけの毎日。

勉強は・・・勉強は・・・・

ともあれ無事に大学を卒業すると、繊維商社に営業として就職します。

 

ビジネスってなんなんだ!

 

最初の就職先事は繊維総合商社。

都内のいろいろなアパレルメーカーにテキスタイルを販売するのが僕の仕事でした。

もともと洋服も好きだったので楽しい仕事でしたし、テキスタイルの奥深さや魅力に夢中になっていきました。

その後、倉敷に戻り、父親の経営する学生服の製造卸の会社に後継者として入社。

そのころから国内生産がほとんどだった学生服も、中国など海外生産に切り替わっていく傾向が顕著になっていきます。

もともと商社勤務の経験があったため、当時の人脈を活かして中国の奥地の日本人が誰も行かないような場所まで車で走りまわり、生産工場を探したりすることは得意でした。

他社に先駆けで価格競争にも負けないお客様のニーズに応える商品をつくることが出来、それはそれで楽しい仕事でしたし、売り上げも上がっていきました。

しかし、自分が仕事をすればするほど国内での生産は少なくなっていく現状に矛盾を感じることも少なくはありませんでした。

それでも、お客様からの低価格へのニーズは年々増していき、競争は熾烈なのでそれも仕方ないなと、どこかでは割り切るようにしていました。

当時の社長だった父も、社内では低価格商品戦略による売り上げの増加や新規取引先の拡大に満足そうでしたが、家でお酒を呑み酔っぱらった時には

「こんなやり方で売り上げがあがっても何にも楽しくないんだよ。」

と暴言を吐く始末。

僕は自分が一生懸命やっているのに、なんなんだこの親父はと思うことも度々でした。

 

産地としての故郷「倉敷」

 

そんな中、業界全体の海外生産へのシフトで仕事が減少していたのと高齢だったこともあり廃業を決意した協力工場さんが最後のあいさつに来られました。

後ろめたい気持ちで対面し謝罪したのですが口にされたのは以外にも長年にわたる仕事でのお付き合いへの感謝の言葉でした。実に祖父の代からのお付き合いになります。

「ここまで仕事が続けられたのは社長のおかげだ。」と何度も父に感謝を述べる姿。

「それはこっちのセリフですよ。」と応じる父へ尊敬の念を感じるとともに、自分にこんな仕事ができるだろうかと感じました。

そんな時に思い出したのが子供のころの情景です。

ここ倉敷は当時から繊維産業の産地。学生服以外にもデニムの工場も多くあり、多くの職人さんたちが西日本の各地から出稼ぎにきていて、街も活気であふれていました。

デニムの職人さんたちは、日中ずっとインディゴ染料に触れていることから、手が真っ青になります。仕事が終わり手をきれいに洗っても、指の爪の中まで染みこんだインディゴは落ちることはなく、男なのに青いマニキュアをしているような手になっています。

そんな大人たちの手を不思議そうに見つめていた子供の僕に父が教えてくれました。

「あれは職人さんの手や。あの人たちがこの町を支えているんや。」

僕の目に映っていたのは心なしか誇らしげな職人さんたちの姿でした。

僕が子供の頃にはうちの会社の工場も、四国や九州から中学を卒業して出稼ぎに来ている人たちがたくさんいて、工場と隣接する実家の隣には女子寮がありました。

幼いころから、今でいう女子高生の年齢の女子たちに囲まれて育ったので、想像していただければわかると思いますが、ずいぶんとマセた子供だったろうと思います。

いずれにしても、街全体がそのような状態で若い人たちであふれていました。

もちろん、今から当時の状況に戻ることは出来ません。

 

それでも、今でもこの街は繊維の産地です。

 

rolcaの誕生

 

そのころから、産地に身を置くメーカーとして産地の中でのものづくりをお客様に届けるとともに産地としての魅力を継続させていきたいとの思いが強まります。

国内生産で上質な素材をつかいこだわりのあるお客様に向けた洋服であれば可能性はあるのではと考え、妻と一緒に社内でオリジナルブラント「rolca」のプロジェクトを始動させる事業部をつくりました。学生服を縫製していた工場のスタッフ3名を口説き、工場内にrolcaの製品をつくる小さな生産ラインをつくりました。

学生服の生産で培った技術力もあり洋服をつくることは、それほど困難ではありませんでしたが、販売に関して完全に素人。卸先を探すのに苦労していました。

そんな中、rolcaが人気雑誌「ナチュリラ」の「アトリエ訪問」というコーナーで取材を受け掲載されるという事件が起こります。

偶然rolcaのシャツを買ってくれた雑誌の編集長が、気に入ってくれたのがきっかけでした。

この偶然が、その後のrolcaの運命を変えることになります。

今でも、「ナチュリラ」を発行している主婦と生活社様には、足を向けて寝ることが出来ませんよ、本当に。

人気雑誌で取り上げられたことで、お客様からの問い合わせも増え、卸先も一気に広がります。

 

リーマンショックがやってきた

 

ところが、思っても見ない姿でピンチは訪れます。

生産が間に合わない。

どんなに注文をいただいても、生産が出来なければ何の意味もありません。

「半袖シャツのお届けが冬になります。」

「そんなアホな。」

生産していただける工場を探しました。もちろん品質維持は絶対です。

これには、ほとほと苦労していました。

そんな中、ラッキーなことが起こります。

いや、これラッキーって言ったら怒られますよね。(不謹慎ですみません。)

世界中を襲った大不況なのですから、

リーマンショックです。

世界中で起こった商品不況の影響は、地元の高い技術力をもった工場さんにも及びます。

仕事が急激に減少していました。

ここでrolcaの商品がつくれたらと思っていても、業界の新参者にとっては高嶺の花だった産地が誇る工場さんです。

今までなら、新規ではなかなか取引もしてくれなかった工場さんとも数件新しく取組をさえていただくことになりました。

すべて今でも続いています。

「あの時一緒に取り組みをしてなかったら大変なことになっていたよな。」

と、今ではお互いに冗談めいて言い合うこともあります。

僕も父親の仕事に少しは近づけたかなと、思ったりもしています。

 

インターネットサイトの立ち上げ

 

そのうち、他の雑誌にも取材いただくようになるのにつれて、もっと多くのお客様にrolcaのことを知ってもらいたいと思い、このショッピングサイトをつくりました。

サイトをオープンしてから特に嬉しかったのはお客様からの直接の声を聞かせていただく機会が増えたことです。

「rolcaに出会ってから毎日が心地良く過ごせるようになりました。」

「毎日何かしらrolcaのものを身に着けています。」

「私の毎日を応援してくれてありがとう。」

などのお便りやメールは思わず涙が出てしまうほど嬉しいです。

仕事で落ち込んだ時はこれらの言葉を励みに頑張っています。

これからもrolca及びrolcaの提案する商品によって、お客様の毎日が楽しく特別なものになるようにお手伝いをしていきたいです。

 

サイトで伝えたいこと

 

小学生の頃の夢だった小説家にはもちろんなっていませんが、

作家の中上健二が「紀州サーガ」と呼ばれる小説作品集で、故郷である和歌山熊野の独特の世界観を伝えたように。

作家の石牟礼道子が自身の小説や詩集の中で、故郷である水俣の宇宙的な世界観を伝えたように。

はたまた、アルフォンス・ドーテが短編小説「風車小屋たより」で、南仏プロバンスでの四季折々の日常をパリの読者に伝えたように。

というと大げさですが、このサイトを通じて商品の魅力とともに、産地での風景も伝えていけたら思っています。

ミツバチの魅力

 

最後にもう一つ今、熱中しているのが養蜂です。

会社の裏山でミツバチを飼ってハチミツを採っています。

このことは、小学校の時のヒーローだったシャーロックホームズが、晩年に養蜂家として暮らしていたことは何の関係もありません。

 

「じゃあなんで彼は突然に養蜂を始めたのだろうね?」

 

「彼のように若いころジャンクな生活をしていた人ほど年を重ねると自然と寄り添う暮らしに魅力を感じるようになるものだよ。

基本だよ、ワトスン君   」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月29日  by rolca_story_admin

関連する記事