このエントリーをはてなブックマークに追加

リネンシャツは自宅で洗える?それともクリーニング?

リネンシャツは自宅で洗える?それともクリーニング?

リネンシャツは、クリーニングに出さなくても自宅洗いができます。今までクリーニングに出すものだと思っていませんでしたか?ここでは、リネンシャツの洗濯手順をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

リネンシャツを自宅でスッキリきれいに洗うには?

リネンは手軽に洗える素材。リネンシャツも、基本的にクリーニングに出さなくても自宅でお手入れが可能です。自宅でできる基本的な洗濯手順をご紹介します。

洗濯表示マークをチェック

色落ちや縮みなど洗濯での失敗を減らすために、まずはリネンシャツの「洗濯表示マーク」を確認しましょう。

  • 洗濯機マーク…洗濯機で洗うことができる。
  • 手洗いマーク…手洗いでなら水洗いできる。

効果的なシミ抜き方法

リネンは、汚れ落ちの良さにも定評があります。リネンの繊維に含まれるペクチンは、汚れをはじきやすい性質で、汚れが繊維の中まで入り込みません。そのため、普段の洗濯でも十分、汚れが落ちやすいのが特徴です。

しかし、シミは時間が経てば頑固なシミ汚れになり落ちにくくなります。そうなる前にシミ汚れに気づいたら、まずはぬるま湯と石鹸でシミ抜きをするのが効果的。

どうしても頑固な汚れは、ぬるま湯に石鹸を溶かして約1時間浸け置きしましょう。その後はいつも通り洗濯機にかけたり手洗いでOKです。

リネンシャツを洗う

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットを使います。できればリネンシャツのボタンをすべてかけ、裏返しにしてからネットに入れる洗い方がおすすめです。

リネンシャツは汚れが落ちやすいので洗う時間は短めで大丈夫。洗剤は、中性洗剤か弱アルカリ性を。蛍光剤や漂白剤は生地の色合いを損ねたり、繊維を痛めてしまう恐れがあるので控えたほうが良いでしょう。

色落ちや縮みが気になるなら、洗濯機より手洗いするのが安心です。おしゃれ着専用(中性洗剤)で優しく押し洗いするのががベスト。

脱水は軽くするのがポイント

リネンシャツがしわになりやすいのは、脱水の時にできる「絞り」が原因です。洗剤残りがないようにすすぎを十分に行ったら脱水も短時間にして、絞り過ぎないことがポイント。乾燥機をかけると生地が傷んだり、縮みの原因となるので使用しないようにしましょう。

干し方にもポイントが

直射日光が当たる場所で干すと色あせの原因に。リネンシャツはすぐに乾くので、脱水後は日陰でハンガー干しにすれば十分です。干す前に手で形を整えてしわを伸ばすと、その後のアイロンがけがスムーズになりますよ。

脱水はかけずにそのまま干す「ぬれ干し」でもOK。水がぼたぼた落ちる状態なので移動が大変ですが、干し場までは洗面器などを使えば大丈夫です。この場合も、手でしっかりしわを伸ばして干せば、自然なリネンの質感がでた仕上がりになります。

クリーニング不要だから気軽に着られるリネンシャツ

クリーニングに出さないといけない洋服は、買うのも着るのも躊躇してしまいますが、リネンシャツは自宅で簡単に洗えるので気軽に着ることができます。クリーニング代が浮いた分でもう一枚、リネンシャツを探してみてはいかがでしょう。

ロルカオンラインショップでは、大人可愛いリネンシャツを販売しています。あたなを満足させてくれる一枚がきっと見つかるはずです!

リネンシャツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-03-13  by rolca_blog press

関連する記事