このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が認める岡山デニムとは?

世界が認める岡山デニムとは?

世界のデニムファンやクリエイターが注目する岡山デニムとは?近年、国内のメディアでも多く取り上げられるようになった「岡山デニム」。人気の秘密とそれを支える品質についてまとめました。

そもそも岡山デニムとは?

岡山県産のデニムだから「岡山デニム」。岡山デニムは、名前の通り岡山で生産されるデニム生地・デニム製品です。デニムといえば、アメリカなど海外というイメージを持っている人も多いと思います。岡山は国産デニム発祥の地であり、世界でも有名な高品質デニムの産地なのです。

人気の始まりは海外から

岡山デニムは、少し前までは「知る人ぞ知る」で、国内では一部のデニムファンを除いてあまり知られていませんでした。ところが近年になって、初めは海外のファンの間で日本製デニムの人気が高まりました。

その優れたクオリティがネットなどで紹介されるようになりました。人気の波が日本にも届き始め国内のメディアでも“海外で人気の岡山デニムとは?”と取り上げられ日本でも注目されるようになってきました。

こだわりのクオリティ

岡山デニムを語る時、まず忘れてはいけないのがクオリティへの拘りです。江戸時代から綿を中心とする繊維産業で栄えてきた岡山。受け継がれる伝統の技を大切にしながら、常に新しい技術の開発と高品質なデニムが作られています。

岡山デニムとは、単に岡山で生産されたデニムというだけではありません。染め・織り・縫製など、すべての製造工程においてクオリティにこだわり、岡山の職人の手によって生み出されるデニムこそ、本物の岡山デニムと言えるのです。

「デニムの聖地」岡山

国内外で日本製デニムのクオリティが高く評価されている「岡山デニム」。岡山は「デニムの聖地」とも呼ばれています。また観光のために、その聖地・岡山を訪れるデニムファンも多くなりました。

改めて「岡山デニムとは何か?」をさまざまな形で積極的に発信することで、より地域をもり立てて行こうという、動きも大きくなってきています。

岡山デニムを観光のメインに

岡山県倉敷市は、歴史の風情ただよう観光スポットとして有名です。倉敷市の児島地区こそ、岡山デニムの中心地。児島では、岡山デニムを観光資源としても広く活用しています。

地元のブランドショップが立ち並ぶ「児島ジーンズストリート」や、デニム関連の貴重な資料を展示する「ジーンズミュージアム」など、地域をあげて「デニムの聖地」をアピール。

外装や座席・つり革までデニムづくしの「ジーンズバス」や、自分だけのジーンズを作れる「ジーンズ作り体験」があります。デニムファン、ご家族で訪れても楽しいエリアとなっています。

さらに高いクオリティを目指して

岡山デニムを知ってもらうことも大切ですが、もちろん何より重要なのはデニムのクオリティ。海外の名だたるブランドデニムの生産・加工も多く手がける、岡山ならではの高い技術と優れた品質を、聖地の職人たちはさらに追究し続けています。

個性豊かな岡山デニム

地元メーカーや職人が作る個性豊かなデニムが集まる岡山・児島。そこで出会う岡山デニムには、肌ざわり、着心地、デザインなど隅々まで、作り手の拘りが詰めこまれています。

ロルカのデニムが生まれるのも、そんな「デニムの聖地」岡山・児島のアトリエ。愛着をもって長く着こなせる大人のデニムで、ロルカの考える「岡山デニムとは何か?」をお伝えしていきたいと想っています。ぜひロルカオンラインショップをチェックしてみてください。

>デニムの商品一覧はこちら

ロルカオンラインショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-04-27  by rolca_blog press

関連する記事