このエントリーをはてなブックマークに追加

夏だけじゃない!季節を問わず楽しむリネンジャケット

夏だけじゃない!季節を問わず楽しむリネンジャケット

リネンジャケットは夏の季節限定の洋服だと思っていませんか?実は、素材やデザインを選べば季節を問わず楽しむことができます。季節ごとに合ったリネンジャケットとは、どんな素材を選ぶと良いかをまとめました。

リネンを着る季節が限られているのはなぜ?

昔からリネンというと、夏限定のイメージが強くあります。季節感はおしゃれをする上で大きなポイント。そのため、リネンを春先や秋口に着ると涼しげなイメージを与えて「季節はずれ」が前面に出てしまいます。

これには、着物文化が影響しているようです。確かに麻素材の着物は夏専用とされてきました。しかし、リネンは夏だけに限られた素材ではありません。季節を気にせず着たい魅力的な素材です。

最近では、リネンの優れた特性が活かされ、ジャケットやコート、シャツ、パンツ、スカートといったアイテムにも多く使われるようになっています。

リネンの魅力

  • 洗濯に強くて丈夫。
  • 吸水性・速乾性にすぐれている。
  • ナチュラルで美しい風合い。
  • 洗うたびに肌触りと肌馴染みが良くなる。
  • 繊維の中に含まれる空気が多く冬でも暖かい。

このように、リネンは季節を問わず着用できる実用性の高い素材なのです。魅力が詰まったリネンジャケットを、限られた季節だけ着るのはもったいないですね。

季節に合わせてどんな素材のリネンジャケットを選ぶ?

日本人が大切にする季節感を守りつつ、着心地の良いリネンジャケットを季節を気にせず着るにはポイントがあります。

春から夏の季節に着られる薄手のリネンジャケット

麻100%の薄手のリネンジャケットは、春夏に向いています。夏物の印象があり秋口になっても着るのは少し涼しげ過ぎてしまうでしょう。梅雨のジメジメした季節にも、リネンジャケットはサラサラして気持ち良く快適に着られます。

秋からの季節に着られる厚手のリネンジャケット

麻100%のジャケットでも、少し厚手で重ね着を前提としたデザインになっていれば、秋に着てもおしゃれなリネンジャケットとなるでしょう。

混紡素材のリネンなら春夏秋の3シーズン向き

リネンと他の素材とを混ぜた、混紡のリネンなどは春夏秋の季節にも着られます。コットンとリネンをまぜた綿麻混紡である「コットンリネン」。リネンのサラサラした涼しげな生地に、優れた吸水性や耐久性など、コットンの良い性質をプラスされたジャケットは春夏に。

リネンとウールを混ぜた「リネンウール」は春秋向けになります。特徴としては、ウールが入ることによりリネン独特のサラっとした清涼感は減り、少しザラッとした肌触りですが暖かみを感じます。

リネンにカシミアを混紡した「リネンカシミヤ」は、言われなければカシミヤと区別が付きません。リネンならではの質感もあり厚手で暖かさも十分。「リネンウール」と「リネンカシミヤ」は秋冬に着てもなんの問題もないでしょう。

どんな季節もリネンジャケットの魅力を堪能したい!

リネンは組み合わせる素材によって表情だけでなく、着心地や体感の温度が変わります。どんな季節にも対応できるリネンジャケットは、大変便利です。

混紡素材のリネンジャケットを上手に使い分けると、着られる季節もおしゃれの幅もグッと広がりますよ。

ロルカオンラインショップでは、さまざまな表情や着心地が楽しめるリネンジャケットを販売しています。ロルカのリネンジャケットを1枚羽織るだけで、あなたもおしゃれ上級者に!

リネンジャケット

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-03-07  by rolca_blog press

関連する記事